PlayStation3 龍が如く3

面白い、リアルを越えている。感動する、ゲームで泣けるシリーズの3作目実際4作目?。
このシリーズ初めてプレイしました。
シェンムーの頃を知ってますが、造り込まれた街並みは相変わらず凄い。
無意味に散歩してしまうし、その散歩もロッカー鍵探しに直結するから攻略の糸口に成る。
メインよりやり込めるサブゲームは相変わらずw
ゴルフとかシビアだし、麻雀やポーカーもかなり楽しめる。
メインだけ追うなら10時間超え位のプレイ時間だろうか?
因みに私はサブもしっかりやってるので60時間オーバーしましたw
完全にやり込むなら100時間オーバーなゲームだなこれは…
ガンカタみたいな銃使いが居たり、ショットガン至近で食らっても死ななかったり、幕の内弁当でマグロが釣れたりと、変な所多いけど、そこら辺はフィクション。
許せるなら気にならない。
とにかく各所の作り込みが凄いのでやりごたえは満点だ。
楽しみ方はそれぞれ見つけたらいいと思う。
ベスト版なら安いし、かなり満足度は高いのではないだろうか。
触手キングダム 無料登録 http://www.runforrelief.org/

珍しくハマッたクラッシュオブクラン

以前はWiiやPS、それにDS、3DS等のゲームが多かったのですが、最近はもっぱら
家族そろってソーシャルゲームばかりしています。私もそれなりにラインのゲーム
をしたりしていたのですが、最近どっぷりはまったのがクラッシュオブクランです。

最初は、「難しいらしい」等の噂を聞き全く手をつけてなかったのですが、
ちょっと覗いてみたら・・・「あぁなるほど」となり、すっかりはまりました。
自分の陣地を強くして行き、凄くちっちゃい色々な種類の戦士を育て、
対戦相手をネット上から検索し、戦います。勝つとトロフィーや金等が貰えます。

少し強くなるとクランと言うチームに入れるのですが、そのチーム対チーム戦も
また凄く楽しいです。20人対20人とかで戦うのですが、自分がどの陣地を
責めるのか、とかどうやって防御しようかとか戦略を練ったり、まるで将軍に
なったような気持ちで、戦いに勝利すると何とも言えない嬉しさが味わえます。

クラン内での掲示板のようなものもあり、会話も楽しめます。
以前の私はちょこっとの隙間時間で出来る落ちゲーが性にあってるので
そんなゲームばかりしていましたが、そろそろ飽きてきた頃に出会ったこの
クラッシュオブクラン。どんどん強くして行くのが楽しみです。

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラムの感想

シナリオ見て総プレイ時間は20時間、クリア時点でのトロフィーは100%!10+1章の11章構成で章数自体は多めだけど、1話完結のSS形式でゲームが進んでいくので長さはそこまで感じません。
今作は本編で語られなかった世界線の物語と、本編をオカリン以外の登場人物視点から見た本編を補完するシナリオで構成された、
2種のifシナリオで補完的なサイドストーリー集だけど、ラボメンやラボメン達の何気ない日常が好きで、シリアスな話が好きだ!って人には、線形拘束のフェノグラムはおすすめです。
ムービーはなし、ボイスは完全フルボイスです!セーブはいつでも可能です。
そして今作はフォーントリガー機能はあるにはあるけどほぼ無意味になっています。
旧2作みたいにメールによるシナリオ分岐は全くなく、メール自体の種類も少なく、
一話完結のショートストーリー集のような作りで選択肢もないので、
ただテキストを読み進めていく感じのゲームになっています。

最近のゲームハードについて

自分は、ゲームが好きで、30過ぎても相変わらずゲームをよくプレイします。
最近などはPSvita PS3などですね。PS4は様子見といったところでしょうか(笑)
最近のゲームハードは本当にすさまじい進化をしていますね。
グラフィックの向上はもちろんの事、今はもはや、ゲーム機でインターネットが出来てしまう。
自分はPCもありますが、自分がPCで普段する事と言えば、動画鑑賞くらいなものなので、実はゲーム機で事足りてしまったり(苦笑)

PS3などは、ブルーレイまで再生できてしまう。
ゲーム機が高い高いと言う人が多いけど、これ、動画再生機器としても使えるので総合的に相当安いですよね。

でも、やはりいろいろとゲームハードが出てしまうと、全部買いたいとゆう気持ちもあり、それが高いとゆう印象になってしまうのかもしれませんね。
正直な所、ゲームハードは一つに統一してくれれば一番ありがたいのだけれど(苦笑)

やはり・・無理ですよね・・お互いに良いハードを出そうとゆう刺激が良いハード作りへと繋がってゆくのも事実。

余談ですが、PSvitaTVの発売は自分的に意外で、好印象でしたね。
しかも、サイズが小さく、このクオリティのハードをこんなコンパクトにできるものなんだなとゆう驚きと、値段も1万程度とゆう安さ。
携帯ゲームのソフトやりたいけど画面が小さくて出来ないとゆう人への配慮、とても良いと思いました。
これからも良いハード作りをがんばってほしいですね。

SDガンダムカプセルファイターオンラインについて

ガンダムの対戦アクションゲームにおいて,SDガンダムカプセルファイターオンライン(以下SDGO)は他にない魅力を持ったゲームだと思います。
これはPC用オンラインゲームですが,その最大の魅力はプレイアブル機体の数です。600種類以上の機体を実際に動かせるゲームは他にないと言っていいでしょう。 続きを読む

マリオカートシリーズの思い出

革命的な大ヒットを記録した、国民的どころか世界的な人気を誇るスーパーマリオブラザーズ。みなさんの知っての通り、横スクロールアクションのシリーズなのですが、マリオは様々なスポーツにも挑戦しており、マリオカートシリーズは、その代表作と言えます。
マリオカートを初めて遊んだのは、小学一年生か二年生頃でした。当時、スーパーファミコンがブームとなっており、初めて買ってもらったスーパーファミコンのゲームがマリオカートだったのはいまだに覚えています。買ってもらった当初は、マリオ自体初めてプレイするので、マリオカートのマリオしか知りませんでしたね。
このマリオカートは、マリオシリーズの様々なキャラクターが専用のカートを操作し、優勝を目指すというものなのですが、この本編より、四人でバトルゲームをやるほうがはまりましたね。本編では、自分が圧倒的に強かったので、自分に勝とうとして友達がバトルゲームにしてのを覚えています。
まぁ、バトルゲームでもほとんど自分が勝っていましたがね(笑)いまだに新作が出るたびにはまっているので、マリオカートとの付き合いは長くなりそうですね。あとこのゲームもいいですね。

100万トンのバラバラ(PSP)

今はもうない、PSコンテンツの「まいにちいっしょ」で紹介されていたゲームです。
同会社のヒット作「ゆうしゃのくせになまいきだ」は難しくて体験版で投げ出したんですが、こちらは結構ハマりました。
まず、一番に目を惹くのは軽快なBGMです。現在もYouTubeなどで聞けますが、かなり耳に残るメロディで何度も聞いてしまいます。

巨大な戦艦がどこからともなく現れて街を攻撃してくるのを防衛するという、なんだかぼんやりとしたストーリーです。
ゲームをクリアしても戦艦の攻撃してくる理由はわかりませんが、とにかく飛んでいる戦艦に飛びついてバラバラにしていきます。
軽快なBGMの中、ペラペラとした紙芝居のような絵柄でくりひろげられる意外にシビアな世界観がクセになります。

かなりチュートリアルも丁寧に作ってあるので、アクションゲームが苦手な人にも楽しめます。
ゲーム性は違いますが、塊魂など一風変わったゲームを好きな人は気に入ると思います。

「A列車で行こうⅢ」で徹夜をしてしまった

社会人になって数年した頃に、「A列車で行こうⅢ(AⅢ)」が発売されました。
会社の後輩から、教えられたのですが当時PCは持っていませんでした。
しかし、後輩の話を聞けば聞くほど、やってみたくなる。ボーナスの残りも少々ある。
で買ってしまいましたPC9801のノート。当時が白黒8階調の画面でしたが、
店のデモで「AⅢ」が動いているのを見て、迷わず購入。ついでにゲームもゲットしました。

帰って早速遊びました。やっぱり面白い。
線路を引いて、その上に列車を走らせます。資源をためると、道が作られ町ができ成長していきます。
その様を見ているだけでも楽しくなります。
鉄道をひいて、町をどんどん発展させていきます。その様子が楽しいですね。
町をプロデュースするシミュレーションです。ペットを飼育するような感覚かな。
思うように町が発展するとうれしいし、発展せず赤字が続くと悔しい。どうやって黒字にするかを考え、手を打っていきました。
会社の休憩時間では、「AⅢ」の話で後輩と盛り上がり、ゲームをやりたいがために仕事を頑張って仕上げていましたね。
思うように町を成長させる事が出来るようになると、面白さが増すばかりです。
あまりにも面白すぎて、平日に徹夜してしまったのは、いい思い出です。
最近はこんなゲームもやってますけどね。

マリオって昔から続いていますね

任天堂さんのマリオはほんとに長寿シリーズですね。
20年以上前だったと記憶をしていますが、私が最初に買ってもらったゲームソフトがスーパーファミコン本体とセットで購入したスーパーマリオワールドでしたね。
私と同じ様にマリオシリーズが最初のゲームソフトって人は結構いると思われますが。 続きを読む